ブルーシフト

大学院生の幸せな日々:日記、雑記、読書録

くぅ~疲れましたw これにて完結です!(就活)

 

非常に満足のいく結果である。

(研の)周りの人たちほど知名度も企業規模も文句なしの大手!ではないので婚活が厳しいこと以外は最高である。

モテ度で企業選びしていた同期にはぜひ女性を紹介してほしいものである。

2,3社しか受けていないので精神衛生が保たれていることもよかった。

祈られるのが辛いのは勿論、断ったり嘘をつくのも心苦しい。

「みんなやってるから」とすべてを第一志望と言い張り、

「法律上問題ないから」とすべての内定承諾を行う人にはなれないょ・・・。

 

ところで内定が出たことをいいことに出会い系アプリのステータスを社会人Ver(見込み)に変更したのだが、以前の数倍いいねが飛んでくる、気のせいだろうか。

向こうからメッセージが届いたのも初めてである。

やはり大学院生(学生)という肩書はうんちらしい。

世間はつめてぇよ。

就活も出会い系も上手なウソツキが得するのは間違いないが、これも生存競争であるのならば否定はできまい。

なお課金しないとメッセージが見れないタイプなのでメッセージ内容はいまだに不明である。

 

就活していて思ったが、やはり企業の方々は「バイトしてないの?院生は忙しいもんね」と言ってくれる。

それに対し周囲の社会人からは「今しか遊べないよ」とか「バイトしなよ」とか言ってくる。

どちらが本音なのだろうか?

 

結局は人によるのだろうが、エミネムもBeautifulの歌詞中で

”In my shoes, just to see
What it's like, to be me
I'll be you, let's trade shoes
Just to see what it'd be like to
Feel your pain, you feel mine
Go inside each other's minds
Just to see what we find
Look at shit through each other's eyes”

相手の立場に立って見ろと言っている。まぁなかなか難しいですよね、互いに。

youtu.be

ちなみに私はエミネムの中ではMockingbirdという曲が一番好きで、和訳付きで見て、曲で久しぶりに涙がこぼれた。

 

ではまた。

欠陥を埋めよ

先日言っていた合コン女さんに誘われ数時間ほど通話したのですが無理が溢れました。

恐ろしく哲学が合いませんね。私は努力を否定する人間と我慢が利かない人間が嫌いなようです。

でもご飯に行くことになってしまいなりました。何事も経験でしょう。

 

 

日記

最終面接に行った。

握手会や意思確認と言った雰囲気は皆無で、1対3で普通に面接をされた。30分と聞いていたのに1時間近く話した気がする。

面白い(答えに詰まる)質問がいくつかあったのだが御社バレが怖いので割愛する。

よくある

「どんなビジョンを描いていますか?」

という質問に

「海外で活躍できるような将来を見据えています。国内での開発だけではなく~」

と適当なことを言うと

「もうすぐにでも海外に駐在できそうだね!」

などと恐ろしいことを言われた。しかし今後40年英語で苦しみ続けることを考えると若いうちに2年くらい犠牲?にして海外に行くのはアリか・・・?どちらにせよ地獄である。

 

私は日本が好きであるし、20代のうちに日本人と結婚したいし、そこらへんもトレードオフであるなぁと考える。

 

結婚と言えば

また新しい出会い系アプリを入れた。月3900円とかいうぼったくりもいいところの価格設定である。m○xiさんよぉ、モン○トで株価上がったからって調子乗ってんのか?

 

これまで幾度となく出会い系アプリには煮え湯を飲まされ続けてきたので課金は踏みとどまっている状態である。

 

システムは「相性度」がパーセンテージで出る仕様以外、タップルやペアーズと変わらない。

30問程度という「サルがぎり忍耐できるであろうアンケート」に答え、それによって

・共感性

・合理性

・協調性

・自由度

・責任感

がグラフ化される。30問で何が分かるというのか、とも思ったが、確かに相性60%程度のプロフには顔をしかめる場合が多い。

何事も基本的な事柄が重要ということであろうか。

 

特に自由度の高い女さんの「甘やかしてくれる人が好き♡」率が高すぎる。

純粋に殺意を覚える。

あと共感が高い割に協調と合理性が著しく低い女さんも嫌い(直球)。

だがこの子...

 

 

顔が強い。

 

 

しかしながら、、、いや、こちらから歩み寄る姿勢も大切であろう。

私は努力を否定しないし我慢が利くのだ。

仕方がない

決死の「いいね!」......!

さて次の相手は・・・?

先ほどより相性は高いが、顔面がおかめ納豆のパッケージのソレである。

平安時代に生まれ直せ。

 

ではまた。

紹介

アルコールに汚染された体が臭い。

6/4

朝1から他研の奴隷(実験)。相手は4か国語を操るやべーやつだが、日本語がたまに通じないのでストレスがたまった。

 

昼から20時近くまでmtg、時間厳守とは一体・・・。でも17時くらいに抜けたのでセーフ。

 

20時30分から友達(男)の彼女(女)の友達(女)と飲むために都会に向かう。ちなみに友達は研究室同期(以下A氏)で、mtgに20時近くまで束縛されていた。可哀そう。

待ち合わせ場所、緊張度はSSランクと言ったところ。ネットはともかく、リアルのつながりで女性と飲むのは何年ぶりだろう。

待ち合わせ場所に女性陣が現れる。

人見知り(?)が発動して言葉が出てこない。何とか「お待たせしました~」と声を絞り出す。

A氏の彼女が可愛い、ふざけるな。さてさて友人氏は・・・

クソなので第一印象は「(おっぱいねぇなぁ)」だった。

みんないいかい?女はおっぱいじゃないぞ。

続いて「(写真と顔違いません?)」。

みんないいかい?人は顔じゃないぞ。

 

店に移動中、互いに緊張していることがありありと見て取れる。

意味不明な精神状態になりつつあったので店に着いたら速攻で酒をあおり、さっさとアルコールに身をゆだねる。^~

 

友人氏についてはオタクと聞いていたが、それ以外は全く知らない。というかオタクってなんだ。ワンピースからキンプリまで幅が広すぎるだろう。いやそもそもアニメ要素はゼロで戦闘機や電車だとかだったらどうしよう・・・。

向こうもこちらの情報は持っていないようで、名前は?趣味は?みたいな会話から始まった。

名前を聞いた瞬間に忘れてしまったので、運よく彼女氏が友人氏を「○○ちゃん」と呼ばなければ一生質問できなかったに違いない。

 

さて、趣味を聞くと「ライブ」「EXILE」などの返答が返ってくる。んん??

他の趣味はないらしい。オタク設定はどこ…?

いやしかし、まだそういった話題を出すべきではない、ここは慎重に、カードを一枚伏せてターンエンドだ。

 

そして向こうのターン。

「研究って何してるの?」

私<避けろピカチュウ(A氏\ピッカァ!/)

華麗に回避、慣れたものである。

 

酔いが程よく回ってきたところでリバースカード「オタクって聞いたけど本当なの?」を発動!

友人氏「アニソンはよく歌うかも」

私「へぇ!例えば?」

友人氏「けいおん!とか!」

私「

f:id:pa_yoyoyo:20180605200354j:plain

私「あ~!知ってる!他にはあったりする?(食い気味)」

友人氏「君の知らない物語とか・・・」

私「

f:id:pa_yoyoyo:20180605200653j:plain

 

これは難しい。非常に難しい。なんだそのチョイスは。いっそのこと「Daydream café歌います」とか言ってくれればいいのに。

 

そして反撃。

友人氏「○○くんはオタクなの?」

私「どうだr」A氏「オタクだろ」

私「...ゲームとか結構するよ。ぷよぷよとか、スプラトゥーンとか・・・(こい!こい!)」

友人氏&彼女氏「へぇ~・・・」

私「

f:id:pa_yoyoyo:20180605200354j:plain

 

そしてその後メイド喫茶に通っていることをA氏に暴露され死にましたとさ。ちゃんちゃん。

 2時ごろまで飲んでたので終電もなく(お金もないので)2時間歩いて帰った。

 

ではまた。