読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブルーシフト

大学院生の幸せな日々

雨、喫茶店

・4月17日

二日酔い。早朝は酷い腹痛と頭痛にやられ、昼近くまで寝ていた。

昼から第2回目の個別ミーティングがあった。

個人的には前回と同レベルの資料を持参しての戦いだったが、先日ボスをイラつかせる実験器具の破損という、ちょっとした事件があり、少しの藪蛇から口をツルツルと滑らせ、遂には進化した竜に燃やされてしまうという結果になった。ちなみに機材を破壊したのは私ではない。

その実験器具の破損の原因と言うのが余りにも基礎的な事柄であり、だから基礎を重んじるボスはその事件に憂いを抱いたのであろう。そこで自分がふわふわとした進捗報告をするものだから、「具体的には?」「何が分かったの?」「原因は?」と言う系統の質問洪水に溺死してしまった。

 

朝から死に体で、1回目のmtgとは打って変わってかなりの拘束をされたわけだがいいこともあった。

耳鼻科の帰り(未だに滲出性中耳炎が治らない)に寄ったカフェがとてもよかった。細い階段を上り、そのカフェに訪れたのは17時を少し回った辺りだったが、狭くて薄暗い店内が見えた。

オーナーとおぼしきおばさんが「ごめんもう閉めちゃったのよ、早くてごめんねぇ。でもコーヒー飲みたいの?30分くらい?ならいいですよ、入ってください。電気付けるわね。」と言ってくれて、4人掛けのテーブルに案内される。

お喋りなおばさんで「良くここを見つけたね。」「大学に行ってるの?」「院生!なんだかよくわからないけどすごいねぇ。」「出身は?」「岡山!この前うちの娘が広島に行ってきたのよ、これ、お土産だから食べてください。いつもはこんなことしないよ。」と、沢山の質問と白あんのもみじ饅頭を頂いた。

その後、営業時間外だと言うのに「小太りなおばさん」や「会社を経営してそうなおばさん」がやってきて、雑談を交わしていた。

その光景はやかましいはずなのだが、なんだかとても落ち着くものでとてもいい気分で珈琲を飲むことができた。

その後もお菓子を貰ったり勉強してて偉いだのと褒められたりして、大変いい気持で研究室に戻ることができた。

 

あと健康診断もした。+は身長、-は高血圧気味であったことと視力が低下していたこと。この年になっても身長が伸びるのはうれしいものですね。。

 

ではまた。

うぃくえんど

待ちに待ったアップライトピアノが明日届くらしい。アップライトピアノとは場所を取らない弦を垂直に張ったピアノのことである(と言っても5畳の我が城では大いに場所を取るが…)。

とは言ったもののレッスンは既に始まっており、今週のレッスンには「机」を弾いての練習の上で臨んだ。先生の性格は未だにあまり分かっていない。そのためピアノがないと言っても、のだめよろしく「やる気がないんか!」と手を叩かれたりしてはたまったものではないため、少しでも練習しておこうと考えたのだ。

結果、「べちゃっと弾く」変な癖がついてしまい、先生には「やめようね。」とやさしく言われてしまった。泣きそうである。

 

・4月15日

0時過ぎには寝たのに15時に過ぎに起きた。

土曜日は大体これである。前にも同じようなことをしでかして日記に書いた気がする・・・。

その日に何か「他人が関係する」用事がないときの自分の動かなさはもう病気なんじゃないか、と思うほどで、何か買いに行こうと考えていたとしてもアホ程寝てしまう。

かと言って程よく熟睡するわけでもないし、時間の浪費に見合った回復は見込めない(寝過ぎのため)。

結局今日は起きてから晩御飯は作り、ぷよぷよのネット対戦をぼーっと6時間ほどしている。

家では何もできない誰もお前を愛さないモードが延々と続いてしまうので、今から研究室とスーパーに向かおうと思う。

 

ではまた。

 

ペアーズ2

ペアーズを開かなくなった。

ないがしろにされすぎて心が痛いといった事情もあるが、加えて、先日とある女性とお会いした時(これはペアーズ経由でない)にその女性がペアーズをやっていると言うので画面を見せてもらったことが大きい。

見せてもらうとそこには「いいね」の山、山、山。そして無限に送られてきているメッセージが目に飛び込んだ。。

ベトナム人、27歳(サムネは干からびたパン)、25歳子持ちの魑魅魍魎に”しか”(失礼!)「いいね」を貰えなかった自分とは違う世界が広がっていた。需要と供給の崩壊のサマをまざまざと見せつけられた。

その女性は詐欺のような写真を用いるわけでもなく、プロフを普通に埋めて待っていただけだという。そしてメッセージはページをまたいで来まくっている。これではいちオタクであるところの自分にメッセージが返ってこないのも当然ではないか!!(合理化)対称に、詐欺のような写真を用いている自分はベトナムであり、メッセージの返ってくる1/3は業者なのだ。辞めたくもなる。

 

以下日記

・4月10日

ラボで初mtgがあった(13:00~)。前の大学の研究テーマを発表させられたり、質疑応答で専門外であるはずのボスに圧倒的な広い知見でぶっ叩かれたりして終始「勉強になります…。」と呟く装置と化していた。

その後すぐに今後の予定をボスと上司を交えて話し合ったのだが、この時は優しく、「ここまでいけたらいいねぇ、これもやってみたいね!」「それおもしろいですね!」「アハハ」と和やかな空気が広がっていた。

と言った感じで自分の番は即終わり、14時くらいに解放された。持ち時間一人30分での17時終了のはずのmtgだったらしいが、自分以降の一人一人が少しずつ(?)押して最後の人は21:30までもつれ込んだらしい。素直に可哀想。

自分は今後ともmtgのトップバッターであり続けるらしいので最高と言った感じである。がはは。

ではまた。