読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブルーシフト

自分の世界だけでいいから平和でありますように

僕が僕であるために

 定期的に自分の中で来るブームってのがあると思う。音楽も然りで、自分の場合amazarashi→Maroon5中島みゆきドビュッシー尾崎豊久石譲・・・みたいな。

  ブログに出てくる漢字が難しいとのご意見をいただいたが(syamuかな?)、当人も覚えたくて使っている節があるため、後で見直すと何書いてんのかさっぱりな場合が多い、僕も辛いんだぞ、だから(?)許して欲しい。擾乱状態でブログを書くことが多いためかもしれんが…。漢字の勉強だと思っておとなしく調べながら読め。

 

 

 さて、この土日は大変有意義なモノであった。土曜日はマニュアル車ブイブイ言わせたり、幹事ゆえ今度行く居酒屋の下見に行ったり、映画を見たりなどした。自慢ではないが院試まで2週間ほどなので、映画館に論文を持って行って読んでいた。あの場で論文を読んでいた人間は僕だけだったと思われる。見た映画は「デッドプール」というタイトルで、なかなかにお下品な映画であった。しょうもない下ネタが大好きなショーモナ人間なので映画の最中は「プ・・・クク・・・・」と終始キモ笑いをしてしまった。いや、当初は「アハハ☆」等とかなりさわやかな笑いを提供する予定だった。しかし周りが全然笑わなく通夜みたいな空気が蔓延していたせいで、押し殺してしまった。まぁ、普通に面白いと思うから、皮肉好きの性格激ヤバ読者のみなさまには是非お勧めしたい映画だ(予算なさそうでちょくちょくしょぼいが)。

 

 数か月ぶりに休日を休日らしく過ごしたが、出かけると世の中の女性の多さには毎度びっくりさせられる。僕の研究室は隔離病棟のごとく本キャンパスから離れている上に、そこにたどり着くまでに清掃員の婆以外の女性は見かけない。さらには研究棟自体に所属している女性はゼロ人なので必然的に「女性ってなんだっけ?」となるのだ。こういう場所にいると、本キャンに行ったときに毎回「あれ???またかわいい子が増えてるなぁ!」となる病気に罹ることができるのでオススメである。女性の絶対数は増えてないはずだが、不思議なことにかわいい割合が「増えている」。ただそんな便利な病気(フィルター)を持ってしても、トロールにしか見えない化け物もいるので注意して欲しい。

 ついでに女に関して語らせてもらうと、基本的に遠くと近くで見る女が好きである。遠くだとうるさくないし、かわいい場合はかわいいし、ブスの場合は「威力が減る」。近くの場合は喋ってくれるより上を想定してるが、まぁ感謝の念しかない。ただ中間距離にいる女は顔に関わらず害悪そのものだ(と思いません?)彼女らは高周波数で耳を攻撃してくる上に、集団になるとその威力は絶大である。昔はサルのおもちゃと比喩していたが、サルのおもちゃはうるさいだけで不快な内容を言わないので、中間距離女性の方がタチ悪い。不快な内容を含まない場合の話をしているときは、大体横にさわやかボーイがいるのでそれもそれで腹が立つ。あぁもうなんなんだ、彼女が欲しいぞ!!?

 

 

ところで最近の勉強では一般化という言葉が多々出てくる。どいつもこいつも自分が知っている「一般」から乖離している、どういうことだ...?

ではまた。