ブルーシフト

大学院生の幸せな日々

読書②

 6月下旬分を書く。初めてラノベ(インタネット小説?)を読んだ(少しディスってるので注意)。

 文庫本

・鹿の王(上)

フォロワーさんに教えてもらったので読もうシリーズ(山積み状態)。そこそこ、下は読みたいが何回も読みたくはならないかなと言った印象。

 

ライトノベル(ハイファンタジー)

 初めて読むジャンルなので一応感想も書く。現実の冴えないオタクが異世界に行って無双するタイプの奴でどれも長め。取り敢えずタイトルで決めて4作品読んだ。まぁラノベ,普通の本に関わらず存在するが「作者の手」みたいなものをちょろちょろ感じた。ラノベのほうが多めかな?ただ、同じジャンル内でも作品によって抱いた感情はかなり異なった(当たり前だが)。一番上のやつが自分の中で飛びぬけて面白かった。他のも面白いですよ。(連載途中のアリ。最新話まで全て追っています)。

無職転生 - 異世界行ったら本気だす -(完結済)

とても良い。内容には触れないがキャラが立ってたし上手くまとまっている。総量283万文字とクソ長い。でももう一度読みたいと思えた。蛇足編,スピンオフ作品もまたよし。挿絵無しverがあれば買うが…。

ありふれた職業で世界最強(完結済)

厨二な感じがよい。

デスマーチからはじまる異世界狂想曲

主人公視点以外は気に入らないことが時々、でもよい。

異世界に転生したんだけど俺、天才って勘違いされてない?

僕のラノベ処女を奪った作品。インターネットで名が売れて書籍化っての割とあるんだ~って初めて知った。でもやっぱ挿絵が想像を阻害して来過ぎだと思います…ラノベは…。