読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブルーシフト

自分の世界だけでいいから平和でありますように

損得勘定

 先日読んだ本で「スティグマ」という懐かしい単語を目にした。僕の中の認識だと、単に「烙印」みたいな意味だったが、その小説では自らで自らに傷をつけてそれを戒めとする反骨精神?みたいなものとして扱われていた。実際、そういう意味が含まれているのかは知らないが、語尾にグマがつくものには物騒なものが多いように感じる。ナチス・ドイツ軍が用いた暗号機のエニグマ・・・あとは・・・あとはリラックマぐらいしか知らない、余り危険はなさそうだ。

 ここ最近読書にハマっていて、空いた時間は結構読んでいる。買ってツイート、読み終えてツイート、このブログでも読んだ本を紹介…どんだけアピールしたいんだと自分でも思う。読書は(比較的)まとまった時間を取られないのがいいな、と思う。今の生活にぴったりだ。

 

 最近、研究室では他大の先生を招いてセミナーが行われた。物理科出身の先生で、「工学部の人はそんなことは言われないと思いますが、学生時代のとき、当時の先生に「院に進学するなら人生を捨てる(犠牲にする)覚悟で臨みなさい。」と言われましてね(笑)実際2人行方不明で(笑)」等と言っていたのが面白かった。毎回どんな場所でも思うが、入った後にそういう事を言うのはずるいと思う。ちなみに講義はさっぱり分からずつまらなかったので寝た(ごめ!w)。

 院に進学と言えば、合格発表が明日である。なのでここ最近は眠れぬ夜を過ごしている。日中も気が気ではないが、昨日と今日は研究室見学のstaffとして駆り出され、3年相手にべらべら喋っていたので気が紛れた。ろくに研究する意欲もない3年相手に自分の時間を割くのは大変面倒だ、と思っていたが、逆に良かった。

 見学に合計25人くらいが来ただろうか。全員に「やりたいことある?院行きたい?」みたいなことを聞いたが、やりたいことを答えた人間は0、院に行きたい人間も1/5くらいで(まぁそんなもんかな)と感じた。プライドが糞高そうなやつが一匹いて、過去問を迫られたので好感が持て、渡しといた。誰にも見せずに一人だけ得点を稼ぐだろう。2日あって、2日目は院生がおらず、研究の説明を学部生のみで行っていることから限界的な何かを感じる。研究内容を理解してなさそうな同期ワキガ氏が、なかなかにちんぷんかんぷんな説明をしていて、聞かされた3年生の子たちがかわいそうだと思った(ラボの人にブログを見つけられたらどうしよう)。まぁ、自分も研究してないので偉そうなことは言えないが。

 見学会が終了して学部生だけで飲みに行こうという話が持ち上がっており、声をかけてもらったが丁重にお断りしてしまった。もともと友人とご飯の約束をしていたのと、行った時のメリットデメリットを考えてしまったことが原因である。数年前までは付き合いの飲み、みたいなのも好みではあったが、最近はサシ飲みしたい人間以外とは飲みたくないなぁとわがままボーイになってしまっている。声をかけてくれた人とは飲んでみたかったが、、、。ご飯からラボに帰ると院の先輩に「あれ?○○君飲み会は?」と言われ、断った旨を伝えると「付き合い悪いなぁ思われるで、そういうのがちょっとずつ積もっていくげん。」と正論を言われてしまった。アスぺなので、関係ない人間とのソレが積もっても何も問題ないだろ、と思った。

 

ではまた。