ブルーシフト

大学院生の幸せな日々

マニュアル

 「今日はいつもと違うことをしてみよう」と思い立ち、いつもはドリップで淹れている珈琲を適当にドバババ淹れてみた。普通においしくない珈琲ができてしまった・・・。どこでもよく言われているが、レシピなど、所謂マニュアルというものは試行錯誤の結果なのだからそう簡単に変えるべきではないものだなぁと改めてしみじみ思った。

 

#憲

法改 正 しろ  #安倍

政  治を許  

         さな  い #沖縄

 

マニュアル嫌いのガチの人たちに怒られそうなのでここらへんでやめておこう。

 

 

 研究室の方の話だが、某ブログを見て「あぁ、そろそろ中間報告の時期か…。」と鬱病になった。研究室の環境自体は着々と良くなっている(珈琲に使うミネラルウォーターなどを経費で落とすなどしている)が、精神的には段々と苦しくなってきている。

 工学部のくせに理論系なので、計算プログラムを無限に組んだり勉強しなければならないことが阿僧祇に存在する。ちなみにプログラム経験はほぼ無いため時間が一瞬で消える割に進まない。

 なので「中間報告できる材料なんてあるわけないだろ!どうして一番研究室にいるのにほかの人たちよりつらいんじゃい!」みたいな状況になっている。院試勉強してた”ツケ”だよと言われれば何も言い返せない。ここ1週間は普通の勉強?を全くせず、研究関係のことばかりしている。

 パイセンの情報によると、夏休み(存在しないが便宜上こう呼ぶ)には2週間に1度5枚卒論の一部を提出しなければいけないらしい。良くわからない(思考停止)。実験タイプのチームは実験データをぺたぺたワードに張り付けるだけでも受理されるらしい。パイセンに「俺は…?あの…?」と聞いたところ「頑張って」と励ましのお言葉を頂いた。このシステムは後半苦しむ学生を救うらしいが、俺は苦しんでいるぞ!

 苦しいと言えば苦しいが、完全に中だるみ時期に突入していて、加えてポケモンGOが楽しくて、ちょっとヤバいかもしれない。気を引き締めてボスを殺しにかかりたい。

8月の標語

「ラボでのネットサーフィン禁止」

 

ではマラ。