ブルーシフト

大学院生の幸せな日々

アタラクシア

 今日は,”自由と平和を愛し、文化をすすめる日”らしい.小学生以下の知能しか持ち合わせていないので文化ってなんだよという感じだが・・・

 そもそも昨日まで,今日という日が祝日なことを知らなかった.なのでノリで今日も研究室に来てしまった.相変わらず博士のパイセンも存在している.人生の一部分の全てを研究に捧げている様はカッコいいなぁと素直に思う.彼女がいるのも頷ける.みんなも彼女ができないのであれば,博士過程に進学するべきだと思う.自分はしないが.

 昨日は徹夜でプログラムのデバッグと計算を行っていたおかげか,なんだかかなり進んで,辛い部分を抜けることができた.問題はまだあるが何とか卒業の「めど」はついたようである.

 今日はその計算の部分をまとめて卒論の付録部分をマシマシにしようという魂胆である,何故かうちの大学は卒論に必要頁のボーダーが存在するため,実験をバンバン行っていない僕なんかは,計算やらソースコードやらをはっつけてページを水増しするのがセオリーとも言える(Twitterのオタクあたりにこれを見られるとめちゃくちゃ馬鹿にされそう).

 知り合いの同期は学会発表などを行っていてレベルの差を感じる.自分もそんな風に優秀であればよかったのだが,,,まぁええわ.ササッと死ぬほど苦しんで適当に社会に出て,適当に嫁さんを貰って,適当に生きたいと言う凡的かつ壮大な夢を叶えられればいいなと適当に考えている.

 

 朱色の陰の季節は過ぎ,切なく暗い季節があっという間にやってきてしまった.この時期は色々と考えることが多い.

ではまた.

 

p.s. 卒論終わるまで句読点が変な形で申し訳ない.