読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブルーシフト

自分の世界だけでいいから平和でありますように

フリーズドライ

 今朝,いつものように珈琲を挽いていると博士のパイセンに

「その豆なんか焼き鳥のニオイしない?」

とか言われた.二度と淹れてやらんぞコイツ・・・.

 

 ここ最近は皆(卒業する気なさそうな人たちを除く)そろそろ実験も終盤だったり終わったりで,卒論に向けて忙しそうである(卒業する気なさそうな人たちを除く).割と卒業する気がなくても卒業できることで有名な大学なので,うちの研究室からは卒業認定されない人は出ても一人くらいなんだろうなぁ.と,思っている.絶対一人は卒業出来ないでほしい.

 土曜日に研究室に行くと楽しい事が多い.まず,人が少ないのが良い.次に,人が少ないのをいいことにボスやら先輩やらがハチャメチャ言っているのでそれを聴いているだけでも結構楽しい.先週はボスが他大の先生を「○○のハゲ」やら「○○のヒゲ」やらで呼んでいたのが印象的だった.

 

 そういえば昨日はよく分からん食事会をした.インターネットの知り合いだが,もう付き合いは6年くらいか.お互い未成年である時に知り合ったのにこっちは未だ(これからも)学生,向こうはもう新婚,というのは何となく不思議な感じである.自分は結婚というものに対してかなり理想があるというか,幸せを思い描いているが,昨日話した感じだとその人は全然そうでもなさそうだったのでしょんぼりしてしまった.でも多めに払ってもらって一瞬でハッピーになりましたご馳走様です.食後酒でブランデーを頼んでみたものの良さが全く分からなかった.あれを好んで飲む人の気持ちが分かりまへん;;;

 

・研究について

自分の研究は物性評価(ふんわり)であることを前もっておいておく.

 実験はとりあえずもうやらないことになった.結果は芳しくない,思った以上にとある結晶構造の歪みが小さいのだ.本来対物レンズをもちいてごにょごにょすることによって,微細な反応を見なければいけないのに,ホルダー(サンプルを閉じ込めて固定するとこ)の形状的に倍率40を断念して倍率10で行わざるを得なかった事が一番の問題な気がする.その結果大きい系での測定しか行えず細かいスペクトルが平均化されてしまったっぽい(とか思ってる).ボスには「あ~,まぁある部分でもう一回細かく解析してみて,それでもだめだったら卒論はお茶,濁そう!W」とか言われた.まぁええんやけども.

 来年研究室が変わって,何なら分野も変わるためか今の研究に対しての愛着はあんまりない.と言うかさっさと卒論書き上げて来年の分野について勉強したい・・・.周りと比べると一年遅れだし怖すぎる.来年から飛び込む分野で蠢いている知り合いを発見してしまい,ソイツが結構つらそうなのも俺の心臓を握りつぶすのに拍車をかけている.ドキドキプリキュアである.

 

おしまい.

ではまた.