ブルーシフト

大学院生の幸せな日々

差分細小

 おはようございます,テーマ変えてみました.中身もいじくろうかな,と思ったけどTeXで卒論書いてる気持ちになりそうだったので背景色だけいじって断念.

 

・日記

 生きてるんだし(ホンマか?)何か目標が欲しいなぁとふと思った.ブログの読者数を増やしたいな,と一番目に思いつくあたり光合成で生きる藻みたいな精神状態であるが,読者の多いブログを見てみるとタイトルに統一性があったりタイトルで問題提起してそれについて述べたり,圧倒的文章力で読者をタコ殴りにしたり...と,とても自分には無理そうだったので諦めた.

 高校時代の友人から「部活のみんなで新年会やりたい」等と言うメールが来た.「お前が企画すればええやん…」とも思ったが,「だって部長だったやん」みたいな空気に負けた.その話の途中で,リア充サークルについて自慢されまくった.殺すぞ.対抗策としてオタク9人で行った旅行の写真を投げたら「理系の園や…(笑)」とか言われた.ホンマ殺すぞ.

 自分の所属していた部活は球技だったが,今思うとマネージャーと言う存在が多すぎたように思える.だってあれですよ.メンバーは3学年合わせて15人もいなかったのに,マネージャーは1学年あたり2人いたんですよ.おかしくないですか.

 企画段階でみんなに連絡すると,当たり前だが返信が返ってくるわけで,ピコピコ鳴る携帯を見てなんだか人気者みたいな気分になった,たまには悪くないと思う.5年ぶりに会う人たちもいるため名前の復唱を怠らないようにしたい.

 

・研究

 週報を提出したらボスから珍しく長文返信が返ってきてびびった.3倍くらいの文章でもう一回返信すると無視された.

 卒論の付録として適当に量子力学半導体の基礎あたりを書きまくることにした.ボスは卒論のページ数しか見てないという噂を手に入れたので,これで水増しOKである.