読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブルーシフト

大学院生の幸せな日々

3人寄れば

夢日記

ようやく夢を覚えることができた。以前からチャレンジしたかったが低血圧のせいなのかなんなのか全く夢の内容が思い出せなかったのだ。

 中庭のような場所で小学生のころ好きだった子とバーベキューをしている。他愛のない会話と昔話をしてかなり幸せな気持ちなる。そんなところに父親がやってきて僕は駅のホームから出ようとする。途中でカフェを見つけ、コーヒーを注文するがトイレに行きたくなったので隣のお店のトイレに向かう。隣のお店はブティックらしく、かなり広い。しかも服が陳列されている前にトイレが座しているのでどうにも恥ずかしい。うまくトイレが出来ずに僕はかなり悔しい思いをした。

 

・日記

 今日は朝から研究室に行った。新年に入ってかなり生活リズムが安定している。実家では生活リズムが崩壊し続けていたが、石川に戻ってきてから一瞬で真人間に慣れた。これもすべて研究室のおかげである(?)

 教授から昼頃に「このままでは卒業できない人が何人か出そうなので明日全員くるように」といったメールが来た。ウケる。自分は未だ研究結果すら出ていないので正直笑えないが、、、。

 

・研究

 アブストラクトを提出したら「イントロは置いておいて、結果の部分をすべて変えましょう」みたいなことを言われた。やり直しである。とほほ。

 

精神崩壊の時は近い。