読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブルーシフト

自分の世界だけでいいから平和でありますように

MTG中にスカイプが飛んでくる

日記

夢日記

中学の頃の教室で、卒研発表会が行われている。

途中で休憩に入り、「次は○時からです。」のアナウンス。

少し外で休憩していると、小学生の頃のいじめっ子が走ってこちらにやってくる。

「おい!みんな探してたぞ!」

急いで戻ると大学の教授が「もう順番は過ぎてますよ。」と告げる。

足元が揺らぐ気持ちを抑え、机に伏せていると何故か順番がやってくる。

スライドを黒板に映すが数ページはタイトルだけで本文がない。

しどろもどろに記憶を辿って、口だけで説明するが周りの目は冷ややかである。

更にスカイプが飛んでくるしもうめちゃくちゃで、卒業は無理かなぁと辛くなる。

その後も作った料理をおいしくないと言われたりして目が覚めた。

 

・1月31日

彼女と同棲している友人が、明日からディズニーランドに行くからと晩御飯に誘ってきた。なーにが”最後の晩餐の時だ”じゃ。

飲むか飲まないかでひと悶着あったが、結局飲まず中華に落ち着いた。

メンバーはいつもの3人であるが、なぜかテンションが高く、

『3~4人前!Bコース!(8000円)』

を頼んでしまった。

f:id:pa_yoyoyo:20170201093503j:plain

↑とてもおいしかったが、学生の身分で普通の夜ごはんに2000円以上使うのは馬鹿だなぁと思った。でもまた行きたい。

 

卒研発表のスライドがようやく完成したため、練習をする日々が続きそう。中間報告の雪辱を・・・。