読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブルーシフト

自分の世界だけでいいから平和でありますように

立体三層構造

卒研発表を終えた。

スライド作成も早々に終わり土日あたりには余裕をぶっこいていたが、月曜日に研究の致命的欠陥を指摘され(発表は火曜日)、徹夜で計算をするハメになった。

初のラボ泊だったが結局発表30分前まで図表などを作成していた、不幸すぎる。

寝不足と練習不足で当然結果は散々で、結果の部分にたどり着いた瞬間に5分のブザーが鳴り、終了。

質疑応答は何とか乗り切ったが、思い描いていた発表とは雲泥の差だった。

夏の中間報告での雪辱を果たすべく臨んでいたはずだったのに、、、と激しく悔しさを覚えた。

他学科の友人も見に来ていたようで、発表後に

「修士で挽回やな」

と一言だけLINEが来ていた。

主観的にも酷い恥を晒してしまったとは思うが、周りにもお前はゴミだな、と言われているようで普通に涙が出た。

 

発表後、眠気の限界もあり早々に帰宅就寝。

パーティーがあるため夕方に目覚め再び大学へ。

酒類がビールのみだったので暴れてやろうかと思った。日本酒をよこせ。

このパーティは会費を事前に無理やりぶん取るくせに「参加は任意」等とのたまう悪の組織が企画したもので、なんでも自分が所属している学科のみが行っているらしい。

数ヵ月前に徴収されるため自分などは「ただ飯やw」と錯覚していた。

大学の職員と喋っていると2年前くらいにある講義でお世話になった教授に「○○君、他大に行くんだって?恥をさらさないようにしなよ。うちの大学や君のところの○○先生の顔に泥を塗らないようにしないと、頑張ってよ?」と声をかけられた。

名前を憶えられているのにもびびったが、何で他大の院に行くことも知っているんだ・・・。

「いやぁ・・・精一杯頑張るつもりですけど、泥は塗ることになると思います・・・。」

等と返答するとめちゃめちゃニコニコして「出来ないことを自覚してるならいいんだよ!(笑)期待してるよ!(笑)」みたいなことを言われた。サイコパスか????

この先生は話してみるとこのように非常にユーモアがあって楽しいのだが、講義はありえん厳しいため同期たちからは忌み嫌われていたのを懐かしく感じた。

 

そんなこんなで無事平穏を手に入れた、卒業の時は近い。

ではまた。