読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブルーシフト

自分の世界だけでいいから平和でありますように

バインド

卒論が受理されたため、卒業できることが確定した。

Webに投稿するシステムであるが、卒論投稿をした翌日には「修正」ボタンが消え失せていたので絶対に目を通してさえいないと思う。

 

明日から1週間のうち6日はお酒が入ることが確定したので今から顔を青くしている。

明日は研究室の追いコンと聞いている、M2もいるため追い出される側、追い出す側、どちらの心持で参加すればいいのかは不明である。

個人的には追い出されるというより逃げ出すと言った方が適切だと思うし、追い出す側として参加した方がよさそう(と言うか多分M2用企画)。

 

今日友人と晩御飯を食べているときに「学生の身分(何の責任もない)で都会にとりあえず2年過ごせるのはアドだよな~。」と言われた。

確かにそう思う、実際2年と言う単位はかなりいい気がする。

先日「地方大卒は都会に出た場合コミュニティを喪失するため、東大卒に比べて優秀でない」みたいなパワポ(そこで東大生を出してくるのはずるいんじゃあないか????とは思った)を見たが、2年存在していればそのコミュニティとやらに入れてもらえるのではないだろうか?ダメ?

別に東大に行くわけではないしソレは置いておくが、今から大学院は不安で仕方がない。

その一つとして外部からくるライバル(?)がある。

昨日、向こうのボスから「懇親会が開かれるので来ませんか?」と言ったメールが届いたのだが、よくよく見てみると、自分のほかにもう一人受取人がいたのだ。

取り敢えず名前+大学で検索をかけ、そこから特定できたSNS等から察するに強いオタクらしい。

如何にも意識が高そうだし、臭そうだし、オタクだし、事あるごとに自分と比較され、「○○県から来たコイツと比べて石川県から来たこのオタクときたら・・・」と罵倒されるのは目に見えている。

懇親会にソイツのツイートを印刷して持って行き、配るくらいの準備をしないと勝てなさそうだ。

懇親会では春からの研究テーマなどを話し合うらしいのでその研究室が投稿した論文等を読んでいるが、熱いテーマは内部からの進学者が持って行くであろうし、かと言ってどちゃくそやりたい研究があるわけでもない(興味はあるっちゃある)しなぁ、等と考えてしまう。

研究に関しては正直先進的過ぎて「何をすればいい」みたいなのが自分自身見えていないので、そこら辺は正直に先生に申し上げてから決めてもらうのがいいんじゃあなかろうか…と今から及び腰である。

こんなことを書いているとなんだかやる気がわいてきたぞ!頑張ろう!なぁ!

ではまた。