読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブルーシフト

大学院生の幸せな日々

新ラボ

・2月22日

「10時半、来たれり」との徴兵メールを受けて、春から通うことになる某大学の某研究室に行った。

何時まであるとか何を用意すればいいとか全く記載されておらず、高度な心理戦を挑まれているのだと感じてこの日は全て空けておいた。

結局は10時半から21時まで拘束されたわけだが…別にいいんだけど先言って!?!?

午前午後と研究内容についての説明があり、簡単な自己紹介なども行った。

割とみんなオタクに寛容な空気を醸し出しており、現研究室での「ゲームが趣味です。」と言った自分の自己紹介に対して「ゲーム?無駄じゃない?」等とヤジを飛ばしてくるボスとは大違いであった。

そのため存分にオタクアピールした、ええなぁ!?

しかし数人アンチオタクの気がある人間もいたようである。

その子が聖地巡礼を語るオタク(ぽきではない)を見るときのあの目は大爆笑物であった恐ろしかった。

まぁ基本オタクばっかなんじゃないですかね。

他にもいろいろ探りを入れたがTwitterにいるような人たちばかりじゃないということは分かったし、自分はバラしちゃいけないな…ということも分かった、特定には気を付けよう!

おい、お前だぞ俺と一緒に入ってきた外部生!おい!!!聞いてんのか!!!??

 

研究内容の紹介はほぼ卒研発表みたいな感じだったが、みんなクオリティが高かった。

自分のわけわからん質問にも意図を汲み取って返してくれるし、教授陣からのクリティカルな質問も割と受け流していた。

これはあとで聞いた話だが、特に今年の新M1(俺の同期となる人たち)は優秀な人が揃っているらしく、全員進学とのこと。

外部での発表(国内外関わらず)もほぼ全ての新M1が行うことが決定しているらしい。

このように内部は内部でレベルが高く、外部生も外部生で自分以外(数人いる)はストイックの塊みたいな人と行動力の塊みたいな人で構成されており、全員英語が強いらしい。は??????

完全にやっていけるのか不安でしかないが、夕方からは研究室で酒を飲んだりご飯を食べたりしてすべて忘れてしまった。ぎゃははwwwww

 

ではまた。

 

そういえば今の研究室は酒を飲むのは勿論持ち込むのも見つかるとヤバいので気風の違いに相当驚いた。

研究室にも24時間入れるらしく、天国か…?つってた。でも空調とかは時間外にはなさそう…。