読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブルーシフト

自分の世界だけでいいから平和でありますように

冠雪

日記

雪、風、寒....

一体春はどこに行ってしまったのか、数日前友人と「もう春だなぁ」などと話していたのがウソのようだ。春は大嫌い(重度の花粉症なので)だが、この北陸特有の強風を伴う雪や雨はもっと嫌いかもしれない。

昨日は朝からそんな寒さにブチ切れてしまい、一日部屋に引き籠ってエアコンの恩恵にあずかった。そのためか喉に違和感を覚えるが、外の摩訶不思議な気候と比べたら天国じゃい。

「3日後には卒業式だね」と昨日の夕食時に友人に言われ「あぁ、そう?」と返してしまった。大学を去ることよりこの北陸を去ることの嬉しさのほうが大きい(自分は瀬戸内海出身のため、風雨とは割と無縁で今の気候がかなり辛い)し、知人も乏しいので卒業するからと言って惜しむべき別れがあるわけでもなく、卒業に関して何も意識していなかった。

そんな人間にこそ卒業式という一つの「区切り」が必要な気もしている。思えば4年前、九州の大学に落ちてこんな辺鄙な場所(住んでいる人ごめん)まで飛んできたわけだが九州に行っていたとするならば関東への進学就職なんてものは考えもせず、地元の瀬戸内が進学就職の最東端となっていると思う。

人間は自己肯定のために「結果」を「そうあるべきだった」と解釈しがちだとどこかで見たような気もするが、案外この北陸に来たことは本当にプラスに働いているのかもしれない。

卒業によって新しい生活がはじまるわけだが、Kindleと電子辞書が欲しい。これは引っ越しを何度か経験している人には同意してもらえると思うが、本がとてつもなくかさばる。それゆえ、前から何度も悩んでいるKindleは欲しいし、最近洋書を読むこともあるから電子辞書も欲しくなってしまった。

Kindleで論文や専門書を読むのはやや難があるという話をよく聞くのでいまいち一歩が踏み出せないでいるのだが、あらゆる小説を1つのデバイスでまかなえるだけでも随分と魅力的である。

いっそのこと酩酊して意識が混濁しているときにポチってしまっていてくれた方がええんちゃうか・・・。などと思っているレベルで欲しいのだが、なぜか手が出ない。ううう。

電子辞書に関してはネットにつながったPCを開いていつも作業しているわけではないし、スマホでものを調べると、必然「SNS」を開いてしまう(こればかりは持病なので本当にどうしようもない)わけで、、、欲しい。

今持っている高校生向けの電子辞書では出てこない専門用語が多いため、特にCASIOの理数系に特化したXD-G9850が欲しいのだが、修士を終える2年後以降も使うかと問われると微妙な気がして手が出ない。

3万あったら電子辞書より任天堂Switchが欲しいよなぁ!?

解散。