読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブルーシフト

自分の世界だけでいいから平和でありますように

ペアーズ2

ペアーズを開かなくなった。

ないがしろにされすぎて心が痛いといった事情もあるが、加えて、先日とある女性とお会いした時(これはペアーズ経由でない)にその女性がペアーズをやっていると言うので画面を見せてもらったことが大きい。

見せてもらうとそこには「いいね」の山、山、山。そして無限に送られてきているメッセージが目に飛び込んだ。。

ベトナム人、27歳(サムネは干からびたパン)、25歳子持ちの魑魅魍魎に”しか”(失礼!)「いいね」を貰えなかった自分とは違う世界が広がっていた。需要と供給の崩壊のサマをまざまざと見せつけられた。

その女性は詐欺のような写真を用いるわけでもなく、プロフを普通に埋めて待っていただけだという。そしてメッセージはページをまたいで来まくっている。これではいちオタクであるところの自分にメッセージが返ってこないのも当然ではないか!!(合理化)対称に、詐欺のような写真を用いている自分はベトナムであり、メッセージの返ってくる1/3は業者なのだ。辞めたくもなる。

 

以下日記

・4月10日

ラボで初mtgがあった(13:00~)。前の大学の研究テーマを発表させられたり、質疑応答で専門外であるはずのボスに圧倒的な広い知見でぶっ叩かれたりして終始「勉強になります…。」と呟く装置と化していた。

その後すぐに今後の予定をボスと上司を交えて話し合ったのだが、この時は優しく、「ここまでいけたらいいねぇ、これもやってみたいね!」「それおもしろいですね!」「アハハ」と和やかな空気が広がっていた。

と言った感じで自分の番は即終わり、14時くらいに解放された。持ち時間一人30分での17時終了のはずのmtgだったらしいが、自分以降の一人一人が少しずつ(?)押して最後の人は21:30までもつれ込んだらしい。素直に可哀想。

自分は今後ともmtgのトップバッターであり続けるらしいので最高と言った感じである。がはは。

ではまた。