読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブルーシフト

大学院生の幸せな日々

油そば

・5月15日

自炊する回数が減ってきた。今日も昼ご飯は良くわからないスーパーカップ油そばを食べてしまった、なんておいしいのだろう。最近は購買のよくわからないパンをモシャモシャしていることが多い。週3くらいで食べている気がする。何とかの帽子みたいなほんのり甘いヤツ。最高ですよアレ。

先週の暑さとは打って変わって今日はとても涼しく、一生この気温で過ごしたいとさえ思う。また、研究室のボスが出張で皆の顔が心なしか明るい。自分の研究室は週1でmtgがある修行場なのだが、今週はないとのことで土日に資料を作らず済んだ。去り際に「2週間分の成果、期待してます!」と晴れやかに去っていったボスの顔と言葉は頭の隅に追いやろう。

 

・研究

○教の野郎が何時まで経ってもメールを寄越さない。自分の研究には取り敢えず空間が必要なのだが、その確保の担当が○教の野郎である。先月は「4月末までには連絡するから。」と言っていたのに、5月に入って催促を打つと「早くてもGW明けだよ。連絡するから。」等とのたまう。今は5月15にちだぞああん???

まぁこれ以上催促して今後の関係があんなこんなになってしまうのも面倒だし、正直ほかにやりたいことは無限にあるしでいいが・・・(いいのか?)

 

・就活

調べれば調べるほど労働意欲が削がれていく。そろそろインターンに向けて動こうかなぁ、と、ぼんやり大学が出している推薦企業(既にここから選んでいる時点でやる気がない)を一通り調べたが、どこもかしこも「やる気のある人募集」「向上心のある方歓迎」「専門性を活かせます」。

・・・。「やる気のない方募集」「陰気で人を馬鹿にするのが好きな方歓迎」「幼稚園児でも出来ます」みたいな文句で年収5億円くれる会社はないものだろうか?

結局働きたくないが、働かないと美味しいもの食べられないし、、、と今日は一日中そのことについて頭を抱えていた。そこで思いついたのだが、大きな会社に入って、そこでお嬢様な彼女を作ってそっちの実家に養ってもらうというのが一番いいのではないだろうか。むしろこれしかない気がする。

彼女には働いてもらい、自分は✞好きなことして生きていく✞ おお、ここに救いはあったのか!ブックカフェでもやりたいなぁ。

 

ではまた。