ブルーシフト

大学院生の幸せな日々

季節の変わり目病の到来

 精神的につらくなってきた。自分の場合、つらい原因は情報過多である場合が殆どなので、Twitterを少し休もうと思う。忙しいのはいいけど寝不足+情報過多がキツイ。外界に影響されやすいっぽい?なんなんでしょうね。無限に癒してくれる彼女が欲しすぎる。

 

・日記

 色々あった。金曜日には仲のいい?オタク4人で飲み会を開いた。飲み会前に大坂から泊まりに来ていた市村おタクヤの服を選びにS氏と自分とでパルコに行った。彼は金銭感覚がトチ狂っていて、「これ試着していいですか?」と言った後に値段を見るタイプのオタクである。タケオキクチで選んだのだが、何のためらいもなく9800円の夏ニット+αを購入していた。貴族か????ド貧民の自分は歯ぎしりをしながら「ぼくもこれほじい~~びえええん」と、ただただ泣き叫んでいた。

 それとみんな大好きGLOBALWORKに行った。ヤツの履物を買いに来ているから暇だなぁと店員さんとお喋りしていたのに、いつのまにか市村&S氏に置いて行かれていた、は??????「この状況、店員に話しかけているだけの営業妨害マンじゃないか・・・」と結局3000円くらいの上着を購入した。選んでくれたのは女性店員さんで、「擬似デートやなぁ」と少しだけ幸せを感じた。彼女が欲しすぎる。

土曜、立川杯(オタクの大会)に参加した。行く途中電車の中では「いや・・・帰りたい・・・レポートやばい・・・テストもやばい・・・研究もやばい・・・。参加表明するんじゃなかった・・・うちに戻らへん・・・??」等と市村に言い続けていた。

 大会自体は早々に予選落ち、あとはやることもなくカッフェで2時間くらいグータラして大会後の飲み会に参加。

 飲み会までは「行きたくない帰りたい」と常時言い続けてる迷惑極まりないオタクと化していたいたが、飲み会は誰よりも楽しんでいたような気がする。以前ペアーズをしていた[1][2]と言ったと思う。二度と出会い系なんぞやるかと心に堅く誓ったものだ。しかし、この飲み会でとあるヒモ願望男から出会いの極意を享受した。いずれ記事にすると思う、続報を待て(反省ナシ)。

 

・研究

ボコされている。

 

ではまた。