ブルーシフト

大学院生の幸せな日々

恐山

件の要件に進捗があった。女1女2ともに面白い反応を見せた。

まず初めに曲解しないでいただきたいのが、自分はインターネットでブロックした人間の動向を観察して楽しむような異常者ではないという事である。ならば、なぜ反応を知っているのかと言うと、自分以外にもその女1,2と相互のクソオタクフォロワーが何人かいて、そいつらが「筆者に言っているんだろうな」と思われるツイートをふぁぼってアクティビティに流して着たり、なんならLINEでスクショを送り付けてくるからである。

 

ふたりとも反応は様々ではあるが、少し改変して早速ご紹介しよう。

 

~オフ会終了直後~

女1「昨日は楽しかったなぁ」

女2「お腹空いたから帰りにコンビニ寄っちゃった」

 

~ブロックされたと判明した直後~

女1「(フォローしなおし)」「(´・ω・`)」

女2「○○(筆者)にブロックされていた、笑えん。」

 

~その後~

女1「(鍵をかける)」「しっかり考えてみたらムカつく」「意味わからん勝手すぎ、大人なんだからもっと相手の気持ち考えようよ。」

女2「頭の良し悪しでしか人を見ることができないなんて可哀想に。」

 

・・・。

あのこれ。

いやこれ凄くないですか?うまく伝えられないんですけど、素直に感動してしまいました。

色々反論はあるっちゃあるんですけどしても無意味なのでそこはまぁ放っておいて。

この思考の流れと言うか、プロセスが見事だなと。

悲しみや良くわからない「何故?」と言った感情を全てヘイトに変換しているんでしょうか。

自己防衛からなのか、本当に「よく考えてみた結果」ムカついてしまったのか真意のほどは分かりませんが、二人が二人とも何か(正しいかどうかは置いておいて)理由らしいものを発見し、そこに「悪意」と言った感情で持って発散する。この感情の処理過程がとてもきれいだと感じました。

このスクショはクソオタク共の「草。」と一緒に筆者に届けられているので面白ツイートとして受け取ってしまうんですが、このツイートの流れには大切な何かが隠されているような気がしてなりません。

 

以上。