ブルーシフト

大学院生の幸せな日々

イニシアチブ

イニシアチブってエッチな単語っぽいですよね、恥部ですし。

 

インターン

貴重な夏休みを利用してインターンに行った。

研究室のボス曰く院生に夏休みは存在しないらしいので、厳密にいえば「貴重な研究時間を削ってインターンに行かせていただいた」になるのだろうか、ぎゃははw

 

さて、インターンシップに苦い顔をする方々は置いておいて、私は晴れやかな顔でインターンシップに行ったわけである。

結論だけ言うといい感じだった、たぶん半分内定みたいな感じである。しかも研究より絶対的に楽しかった。おかね出るし。みんな顔が死んでないし。

計6回にも及ぶ飲み会はキツかったが、得られた情報と信頼は大きかった。やはり酒の力を使ってどうにかするのはレイプも就職も同じということであろう。

まぁ誓約書を書かされているせいで業務内容等には一切触れられないのが残念なところではある。好き勝手情報流出して炎上することはできない、とほほ。

 

驚くべくは休日に休んでいいし、定時に帰れるということだろうか。Twitterには「早く辞めたほうがいいのでは…」と思われるオタクたちが残息奄奄で闊歩している。だからだろうか、インターンシップ生であっても休日出勤、残業が当たり前だと考えていた。

しかし現実は定時の鐘が鳴った瞬間に数人が速攻で出口に向かい、更には担当者に「早く帰りなよ」などと言われる始末であった。ホンマに日本か?

 

まぁそんなこんなでいい感じの会社であった。残念な部分も当然あったが、受けるのは確定だと思われる。

 

・研究

予算を皮算用していたせいで、自分の研究テーマが始動しないらしい。「修論どうする?」とか言われている。は???????????

まぁ何とかするしかない。ビジョンはあるのに開始できないのはつらいですね・・・。

 

・女

寄ってこないし寄っても離れる。