ブルーシフト

大学院生の幸せな日々

いのちごい

語彙を増やすことによるコミュニケーション能力低下を感じる。

 

1.背景と目的

 近年、日本国において少子化問題[1]が深刻なものとなっている。これに加え、国立社会保障・人口問題研究所が独身者5,276名(18~34歳)の男女に調査をした結果[2]は「交際相手がいない」男性が69.8%と約7割、女性が59.1%と約6割にものぼり、日本では子作りヅッコンバッコンどころか交際すら厳しい体たらくである。筆者も例に漏れずに6年以上パートナーに恵まれず、社会情勢に抗えずにいる一人で「いや学生時代はもうええわ・・・」などと打ちひしがれていた。しかし、そんな中ゼクシィが「結婚しなくても幸せになれるこの時代に、私は、あなたと結婚したいのです」と言う大胆かつ、的確に時代を描く、すんばらしいキャッチコピーを打ち出した[3]。これを見た筆者が「ぽきもこれ!!!これ!!これがいい!!!!これになる!!!」と気持ちを新たにしたことは記憶に新しい。

 本行動は6年以上彼女のいない筆者に対して出会い系サイトを作用させ、何とか彼女を手に入れることが目的である。

 

2.実験

 ペアーズ、Tinder、タップルを用いて実験を行った。様々な視点からの比較を行うために街コンにも参加し

 つかれた。

 

・日記

 出会い系女さんと二回目のデートに行った。ランチからのウィンドウショッピング→カフェで完全にデートだった。

 女さんのウケも概ねよく、三回目のデートも向こうから提示してきた。これは・・・冬にもかかわらず春がついに来てしまうのか。いやいや、焦るな、慢心するにはまだ早い。だが友達コースに突入することも怖いではないか。まてしかし、順序を大切にする女性らしいが。果たしてそうか、いやよいやよも好きのうちではないだろうか。どうどう。

 一回目ほどの緊張はないものの心労は研究室での5時間進捗ミーティングに匹敵する。まぁ「いや・・きついわ・・・アホか・・」ではなく「楽しいけど頑張った…疲れた・・・」であるだけマシか。

 帰宅してぷよぷよをやったら全く連鎖が組めなくて笑った。「女は刀を鈍らせる」はマジかもしれない(こんな言葉があるかは知らない)。

 

いやもうだめだ。頭がヘロヘロだ。もう寝る。ではまた。

 

・参考文献

[1]総務省統計局, "統計局ホームページ/I 進行する少子・高齢化", (2017/11/07アクセス).

[2]国立社会保障・人口問題研究所, "第15回出生動向基本調査(結婚と出産に関する全国調査)|国立社会保障・人口問題研究所"(2017/11/07アクセス).

[3]

www.youtube.com