ブルーシフト

大学院生の幸せな日々:日記、雑記、読書録

哀艶

 

 種々様々の出来事があった。最近は平日頑張って土日に休むサイクルが確立しつつある。Twitterかどこかで見たのだが、曰く、ゲームと同じようにリアルの人間にもHPとMPがあってHPは「肉体的な体力」MPは「精神的な体力」である、とのこと。ゲームではMPが切れてうつ病になったりはしないが0になっても死なないといった点では類似しているし、「どちらも回復しないといいパフォーマンスを出せない」という意見にはなるほどなと思った。

 研究ですり減るのはもっぱらMPである。タフな実験やレポートなどにはHPもゴリゴリ持っていかれるが前者に比べれば些末なものだ。HPもMPも最近は最大値が増えたように感じるものの、HPは日々の健康生活サイクルでリジェネしつつ、土日で一気にMPを回復する方向性が性に合っているような気がする。社畜っぽい。

 

・日記

 先日相席屋で知り合った女さんと昼から飲んだ。学歴は高いが頭を酒にやられているらしく、ウケるとやばいが頻出単語だった。自分と飲んだ後に3件飲み会が控えているなどと言っていた(平日ですよ・・・)。

 基本的には職場3マタ上司の愚痴?を聞かされていた。はじめしゃちょーか?詳しく話を聞くとその上司は既婚者とのこと、なお悪い。40近くになって3マタするバイタリティ(笑)には感服申し上げるほかない。バレた結果旦那がうつ病になって「今ね、涙が止まんないの」と職場後輩にLINEを送る姿はもはやなんといえばいいのだろうか。限界アラフォー女さんどころの騒ぎではない。

 彼女自身も相当に遊んでいる空気を感じた。まぁ身を固めるまでは何をしようとその人の勝手だとは思う。ただ悲しかったのが、価値観の圧倒的なまでのズレであった。2時間の飲み会を通して「バイトした方がいいよ」「クラブとか行きなよ」と数度言われた。特にバイトに関しては「今しかできないんだよ?」と強く、何度も言われてうんざりしてしまった。会ってすぐ「学生なんだよね、いいなー(遊びの延長できていいなぁのニュアンスで)」と言われたからなおさらかもしれない。

 一度目の会話で背景や価値観を分かってくれなどとは言わないが、この状況は2時間ぶっ続けで「お前は暇だろう」と言われ続けることと等しい。大学や修士まで行っていなくても話の流れで「こういうところは忙しいんだね」と(こちらから大したアピールをせずとも)汲み取ってくれる人間も過去にはいたので、かなり白けてしまった。

 

 別れた後、そのまま研究室の後輩女(女さんではない)とピアノソロコンサートに行った。待ち合わせで会ったときに「・・・あ!その靴は・・・!ドタキャンコーデの・・・!(過去出会い系でのデートのために靴を買ったがドタキャンされた。それを研究室で嘆いたことがあった。)」と覚えられていて恥ずかしかった。

 題目はシューマンブラームスで大変好ましい。奏者もかなり有名らしいが自分は知らなかった。ねっちょりしたピアノを弾くおじいちゃんである。シューマンピアノソナタ第2番op.22第2楽章がエモすぎて涙が出るかと思った。

 コンサート後ワインが飲みたかったので後輩を誘ってバルに行った。「こういうところにピアノコンサートの後に行くのが一つの夢だったんです。」とか言われてなんだコイツピュアかよ、と嬉しくなった(ちょろい)。

 下ネタがダメすぎる系女子で、依然「私本当にそういう話ダメなので。」と席を立たれたことがある身としては会話の内容は吟味せねばならない。しかし男女であるから、研究の話もそこそこにジェンダー的な話に移っていく。話を聞くに今まで男とサシ飲みをしたこともなかったらしい。出会い系女さんもだけどこんなのばっかだな最近・・・。

 そこら辺の話は色々と口止めされてしまったのでこれ以上は語れないが、彼女の「結婚するとしたら3年付き合って3年同棲の後決めたいです。」のセリフが印象的であった。

 その後もう一軒行ったのだが、後輩に「先輩はデート以外で彼女と何がしたいとかあります?」と聞かれたので「したいことは沢山あるんだけど、デートを除けば、外は恥ずかしいから、家の中でペアルックしたい。『何してんだろうね俺らww』とか言ってそのあと映画が見たい。」と言ったら「その”えづら”先輩から想像できなすぎるんですけどwwww」と爆笑されてしまった。は?????????

 「先輩は理系女子以外合わないと思いますよ。絶対。」と推定のあとに断定されて2次会は終了した。

 

 ほかにもクリパなどあったが書き疲れたので終わる。

 

ではまた。