ブルーシフト

大学院生の幸せな日々:日記、雑記、読書録

臭気

・研究

ここ最近は実験がうまくいかないのでへにょへにょになっている。

 

・日記 

この間舞い上がっていた合コンも5VS5の予定から2VS2に縮小し、益々心が縮こまる。

そして何を隠そうこの4人の中で既にひと組のカップルができている(勿論筆者ではない)。

そのためこの合コンはもはやお見合いなのである。よもや合コン処女喪失前にお見合い処女を捧げることになろうとは。

だがしかし私はこういった「仕組まれていたように起こるトラブル」によって引き起こされる出会いには、運命的な何かを感じるたちなので、1度は落ち込んだもののテンションが上がってきた。俺はやるぞやるぞやるぞ。

 

さて、そんな合コン(お見合い)に先駆け、女性耐性皆無の筆者は先日人生初のクラブに行ってきた。EDMは結構好きなので「音楽を聴く」一点では楽しめた。頭振るの楽しすぎる。

デヴィッド・ゲッタあたりの有名どころ楽曲が多く、にわかな自分でも楽しめた。それと「韓国系のEDMって全然聴かないけどいいな」などと思った。

 

「女性と仲良くなる」点においては今回クラブに連れて行ってくれた商社マンの後ろでコソコソしているだけで終わった。爆音凄まじく会話するだけでもゲーセン以上の接近が必要なので女性と喋るだけでドキドキしてしまったし、外国人に話しかけられるも「何喋ってんのか二重で分からん」という事態に直面して心臓に悪い。

それとあぁいった場では本当に圧倒的な力が必要なんだなと悲しくなった。それは顔面であったり 、肩書きであったり、お金であったり、コミュ力であったりだ。外見は中身の一番外側であるなぁ。

商社マンの出身大学を聞いてはしゃいでいた女性に私も大学を聞かれたのだが、素直に答えると一瞬で興味を無くされてしまい非常に悲しい気持ちになった。冷たい人間は・・・怖い。

商社マンにナンパを誘われクラブ滞在中に五度ほど行った。コレも人生初である。あとこれも心臓に悪い。

殆ど全て商社マンに任せていたのだが、それでも知らん女性にいきなり話しかける姿にヒヤヒヤしたし、逆にヤツが(爆音で何喋ってんのかは聞こえないが)連絡先を交換する手練手管には舌を巻いた。初対面の人間にまずなんて話しかけてんだよお前はよ。魅了(チャーム)の魔法でも持ってんのか?教えてくれ。

途中で疲れ、踊り場から離れたところで1人ビールを飲んでいると、たまたま1人で突っ立ってる女性を見かけたので一度だけ「俺もなんかせんと…」という意味分からん心情に支配され、声をかけてみたのだが雑談を数分間行うだけで終了した。ムリ。

 

ナンパでひとつだけ明確に不満だったことがある。商社マンがはじめにどういう流れを作ったのかは知らんが、ゲイバーを探す女さんたちに直面した時の話だ。今思えばナンパを巻く手段だったのかもしれない。しかしそんなことでは商社マンは折れない。その女さんたちに筆者が安いゲイバーに詳しいと紹介され、咄嗟に「ここら辺はあんまり来ないから分かんないなー、新宿二丁目の方面に結構あるよ」などと月曜から夜ふかし仕入れた真実を交えた嘘をつかされたのだ。商社マンと女さんたちから「へー…」と好奇と引きの混濁した目線を浴び、嘘をつくという罪悪感に囚われる。百歩譲って女さんたちは良いとして商社マンお前。お前は嘘つくの知ってるだろ何引いてんねん。なんやねん。

 

というわけで今回の件で分かったことがある。商社マンはクソ嘘つきであるし、クラブは音楽を楽しむところである。以上。

そういえば相席屋に一緒に行った某人間も嘘をつきまくっていた。成り上がるためには必要なスキルなんだろうか,ハハ。

 

.就活

半月ほど前にTwitter早漏就活終わりましたアピールをしていたが、つい先日にようやく第一志望の企業から最終面接の案内が届いた。就活終わったアピールをしていた手前、半ばドキドキしていたのだ、本当に良かった。

(一部を除いて)どの企業も経団連の取り決め(正式な面接は6月以降)なんぞまもりゃしないので、意思確認だけで終わることの多い最終面接は学生たちに「握手会」とか呼ばれてるぞ。ええんか。

まぁそもそも人生に節目に期日があり、なんらかに縛られること自体がおかしいのかもしれない。

 

ではまた。